iPhone水没時の初期対策!

iPhone水没時は早めの対処が大切です。すぐに回復させることができるかもしれません。 - iPhone水没時の初期対策!

更新情報

iPhone水没時の初期対策!

liugyd
せっかく新しく購入した、もしくはお気に入りのiPhoneがトイレの中に入ってしまった…という場合、慌てて電源が点くかどうか確認したり、水を飛ばすために端末を振ったりしていませんか?
実は、そういった行為をしてしまうと電気を使用する端末にとっては悪影響を及ぼします。
iPhone水没した時にはちゃんとした対策を行うことが大切です。
特に初めの時点で決まると言っても過言ではないくらいなので、水から引き上げたときにはデータが消える不安から間違った方法を取ってしまうものです。
今回は水没時の最初にする対策をご紹介するので、ぜひ参考にしてiPhoneを回復できるように試してみましょう。

初めに何をすべき?

水没時にiPhoneを救出したら、電源が点くかどうかの確認よりも、画面が消えているかどうかが重要です。
もし、水によって切れてるバッテリーまで濡れている可能性があります。そういうときには次の段階でいいですが、切れてないなら電源は「OFF」にします。
電源が点いた状態はショートを起こしやすいので、結果的に端末自体を交換しなければならない事態を招くことがあります。
大半の人は電源をONにしてしまいますが、逆効果となるので気をつけましょう。
さらに端末は激しく振ったり、動かすというのはNGです。
大量の水が入ると、振れば落ちると考えてしまいますが、実際には逆効果になっているのです。端子部分に入った水がさらに広がってしまうこともあります。
水を含んでいるiPhoneはいつもより丁寧に扱い、故障を起こすことを控えなくてはなりません。

腐食・サビ対策を!

水没時に注意すべき点として、腐食・サビが挙げられます。
水がiPhone内部に侵入することによって発生するものなので、早めの対策を行う必要があるのです。
腐食が進むと乾いたときにゴミが溜まり、中が白っぽくなります。サビの場合には、茶色っぽいものがこびりつきます。
どちらも発生した場合には電気が通りにくくなり、使用不可の可能性が出てきます。
もし、端子部分から水が入ったと思ったら、内部を拭き取る作業をするか、外部だけでも水分を拭き取ってから密封させ、全てを乾燥させるなどの方法を取りましょう。

2つのポイントを意識して

濡れたiPhoneには「電気を流さない」と「水をこれ以上浸水させない」の2つが対策ポイントになります。
そのために電源を切ったり、端末に付いているカバーやSIMカードを外す、脱水させることが大事となっています。
水没するとその時点でデータを移したり、バックアップを取りたくなりますが、実はやってはいけない行為だったのです。

赤いセンサーで判断を

iPhoneは防水機能が付いていないからと言っても、水没したから全く使用不可とは一概に言えません。
水没してから本体を変えずに回復できるかどうかは、iPhoneの外部にあるセンサーを確認すると判断できます。
機種によっても異なりますが、その部分が赤く反応すると内部の機器まで水が達している証拠になります。
そういった場合には、いくら対策をしても復帰できない可能性があるので、外部だけを乾かしたうえで修理に出した方が無難です。
逆に言えば、センサーが反応していない場合にはまだ使えるかもしれないのです。なので、水没時にどういった対処をするかは、センサーの色で判断しても良いのかもしれませんね。

修理業者への持込が得策

qwkyf
何はともあれ、水没したら修理業者に一度点検でも良いので診てもらうことをおすすめします。
正規店ですと、保証に加入していないと高いので、そのまま使っても問題ないのかを相談してみましょう。
一方、非正規店の場合、早くて安く済みますが、正規店の保証が外れてしまうことあります。非正規店へ持込をするときには、保証が入っていないのかを確認したうえで持込をした方が効率的です。
水没時に自力でするには限界があるので、簡易的な処置を施したうえで早めに修理依頼をするのが最適です。

アーカイブ

iPhone水没おすすめサイト